大切なお子さんの歯を守る咬合誘導治療~子どもの矯正~

お子さんの歯並びが気になっていますか?
お子さんの歯並びの悪さを見て見ぬふりしていませんか?

歯並びの良し悪しは見た目の問題だけでなく、お子さんの健康な身体の成長を左右する一つのポイントです。歯並びが悪いと、ブラッシングがきちんとできず、ムシ歯や歯周病を招きやすくなります。また、食べ物をしっかり噛めず、胃腸など消化器官への負担が大きくなります。息漏れで発音に支障があったり、見た目を気にしたりとコンプレックスを抱くようになると、心の成長にも暗い影を落としてしまうかもしれません。

咬合誘導治療とは?

咬合誘導治療(成長期の歯の矯正歯科治療、子どもの矯正)は、乳歯列期と混合歯列期(永久歯への生え替わり時期)に行う治療です。顎や骨格が成長する力を利用して、骨格のずれの改善や、歯がきちんと並ぶスペースを確保するための顎の成長促進を行います。

骨格の変化が期待できない矯正歯科治療(大人の矯正治療)と違って上下の顎の骨の位置も改善することができます。また、顎や歯列の発育を正常に導きますので、その後、矯正歯科治療が必要になったときに、抜歯などを回避する可能性を高めたり、歯周病のリスクを減らすことも期待できます。

当院では、お子さんのお口の中の状況や身体の成長をしっかり見極め、適切な時期に適切な咬合誘導治療を始められるようご提案しています。お子さんの歯並びが気になっているなら、一度当院へお気軽にご相談ください。

咬合誘導治療のメリット

成人してからでも矯正歯科治療で不正咬合を改善できますが、永久歯の生え替わり前後に咬合誘導治療を行えば、より多くのメリットが生まれます。

整った歯並びのために年齢別で注意すること

ミルク~離乳完了の時期には……

ミルク~離乳完了の時期には……

歯が生え始める前の赤ちゃんは、舌を使ってミルクを飲んでいます。これは母乳の場合も哺乳瓶(ミルク)の場合も同じこと。哺乳瓶をゆるめてミルクを与えたり、シリコンゴムなどのやわらかすぎる乳首を使ったりすると、舌・唇・頬の筋肉の発達を遅らせ、歯並びを乱してしまうことがありますので気をつけましょう。

離乳食の時期には……

離乳食の時期には……

離乳時期には、食べ物を飲み込むときに「唇を閉じる動作」が必要となるため、お口周りや舌の筋肉がバランスよく動かせることが大切です。この時期に唇を閉じて飲み込む方法を身につけられないと、飲み込み方にクセが生じ、開咬の原因となりますので注意しましょう。

乳歯が生えてきたら……

乳歯が生えてきたら……

乳歯は大人の歯と比較して、エナメル質も象牙質も薄い状態です。そのため、ムシ歯になりやすいうえに一度ムシ歯になってしまうと進行が早く、永久歯のムシ歯リスクや生え替わりにも悪影響を及ぼします。ムシ歯で乳歯を失わないよう、正しい生え替わりへと導くよう、ムシ歯予防に取り組みましょう。

また、この時期に歯列全体でバランスよく噛むことが、顎や骨格、筋肉の正常な成長を促します。やわらかい食べ物ばかり口にしていると咬み合わせも乱れ、身体の歪みなどにつながることも。この時期に歯に負担となるようなクセがあると歯列の乱れの原因となりますので、できるだけ早いうちにやめさせてあげましょう。

永久歯に生え替わってきたら(混合歯列期)……

永久歯に生え替わってきたら(混合歯列期)……

混合歯列期に咬み合わせバランスが崩れると、骨格や筋肉の歪みにつながり、不正咬合のみならず顔貌などにも悪影響が生じることがあります。個人差はありますが、咬合誘導治療の開始は、混合歯列期のなかでも後期である9~12歳頃が適しているといえるでしょう。

当院の治療法

機能的矯正装置(バイオネータ)

機能的矯正装置(バイオネータ)

口の周りの筋肉や舌の筋肉をコントロールして良い成長発育を誘導する装置です。将来、非抜歯治療に結びつける、または、抜歯治療で 良好な前歯の傾斜度を獲得するために使用する装置です。

ヘッドギア

ヘッドギア

上顎の骨の過度な前方への成長を抑制する治療法です。また、上前歯を後ろへ移動させるといった目的で使用することもあります。こちらも取り外し可能な装置で、1日8時間以上の装着が必要となります。

上顎前方牽引装置

骨格性の受け口の患者さんに使用します。上の顎の大きな成長が期待できるのは10歳くらいまでですので、骨格性の受け口の子供では 早期からこの装置を使用することが多いです。

床矯正

床矯正

早期に1~4本の前歯のみ移動させたり、少数の歯を移動させたり、上野歯列のアーチを横方向に少し拡大したりする場合に使用します。
床矯正装置に限らず、咬合誘導装置だけで歯並びを整えることは不可能です。最終的には、下にある「マルチブラケット装置」で歯を動 かして矯正歯科治療は完成します。

マルチブラケット

マルチブラケット

矯正装置でもっともイメージされやすい治療法です。歯の表面に「ブラケット」という部品を装着し、ワイヤーを通して歯列を移動させていきます。主に永久歯の矯正で用いられる手法で、精密な歯の移動が必要となるときに使用します。

各種矯正装置については、こちらでご紹介しています

気になる治療費は、こちらでくわしくご説明しています

子どものうちから矯正歯科治療を

食糧事情がよくなるにつれ、硬い物を噛む機会が減っていることから、顎の骨が十分に発達せず、顎が小さく歯がきちんと並びにくいために歯並びがガタガタになってしまうお子さんが増えています。そのまま放っておくと、歯並びや咬み合わせの乱れが原因で、身体全体の骨格・筋肉の成長に悪影響を及ぼし、姿勢の悪さや頭痛・肩こりといった身体のトラブルに発展することも。

矯正歯科治療は早期に計画を立て、適切な時期に取り組めば、身体への負担も抑えられます。

大人になってから矯正治療に取り組む方からは、「もっと早く矯正しておけばよかった」という声も聞かれます。歯並びの悪さがお子さんのコンプレックスとなる前に、咬合誘導治療を将来のお子さんへのプレゼントとして考えてみてはいがかでしょう。