よりよい歯並びで充実した生活を手に入れる~矯正歯科治療(成人矯正)~

歯並びの悪さを気にして、笑顔が消極的になっていませんか?
歯並びを整えて自信に満ちたあなたらしい笑顔を取り戻しましょう!

「矯正は子どもがするものだ」と思って、乱れた歯並びを諦めてしまっていませんか? 確かに、歯が生え替わる時期(混合歯列期)に行う咬合誘導治療(小児矯正)は、その後の口腔内環境に多くのメリットをもたらす治療法です。しかし、顎の成長が完了した大人になってから取り組む矯正歯科治療にもメリットがあります。

当院では、大人になってからご本人の意志で治療に取り組んでいただく矯正歯科治療は、咬合誘導治療と同じか、それ以上のよい効果が期待できると考えています。歯並び・咬み合わせの治療はいくつになってもスタートすることができます。気になっていることがあるなら、一度お気軽にご相談ください。

矯正歯科治療とは?

矯正歯科治療は、永久歯が生えそろい顎の成長も完了した13歳前後から、年齢に関係なくスタートできる治療です。「第二段階の治療」「本格治療」とも呼ばれ、その多くは、お口の中に矯正装置を装着し、1本1本の歯を移動させることで歯列を整えます。

当院では、長い歴史があり治療効果の高い「マルチブラケット」という矯正装置のほか、ブラケット方式を応用したさまざまなタイプの矯正装置を取り扱っています。患者さんの状況に合わせて、最適な方法をご提案しています。

矯正歯科治療のメリット

成人してからでも、矯正歯科治療は遅くはありません。咬合誘導治療にはないメリットがあるのです。

矯正歯科治療のメリット

当院の治療法

マルチブラケット

マルチブラケット

1本1本の歯の表面に、「ブラケット」と呼ばれる装置を取りつけ、ワイヤーを通して歯を少しずつ移動させる方法です。歴史ある治療法で高い治療効果があります。あらゆる症例に対応可能で、費用を比較的抑えた治療が可能です。金属を使用するメタルブラケットを基に素材の改良が重ねられ、透明やセラミックなど歯の色に近い目立たない装置、ブラケット自体に可動域を設けることで効率よく歯を移動させる装置などが登場しています。

リンガルブラケット(舌側矯正・裏側矯正)

リンガルブラケット(舌側矯正・裏側矯正)

一般的な矯正歯科治療で装置が歯の表面、唇側に装着されるのに対し、舌側(リンガル)に装着するのが、リンガルブラケットです。正面から見て、矯正装置をつけていることがほとんどわかりません。上下の歯で、表側・裏側を使い分けて矯正装置を取りつけることも可能です。装置の見た目が気になる方にオススメの方法です。

アンカースクリュー(インプラント)矯正

アンカースクリュー(インプラント)矯正

顎の骨に直接チタン製のアンカースクリュー(インプラント)を埋め込み、それを固定源として歯を動かしていく方法です。よりスピーディな歯の移動が可能となり、これまででは不可能とされるような歯の移動もできるようになっています。

外科矯正

顎の骨の大きさが上下で不ぞろいな場合に必要になる方法です。手術では口腔内からメスを入れることになるため、お顔に傷が残るといったこともありません。当院は顎機能検査施設の届け出を行っておりますので、歯の移動だけでは治療できないケースに対して公的健康保険制度が適用されます。

各種矯正装置については、こちらでご紹介しています

気になる治療費は、こちらでくわしくご説明しています